リスティング広告 初心者のための運用ガイド集 > リスティング広告を上手に使おう - 向いてる職種やサービス

向いてる職種やサービス

リスティング広告を上手に使おう

向いてる職種やサービス

リスティング広告は、企業や店舗の形態・規模、取扱商材の内容問わず、広告出稿が利益につながりうるサービスです。
Yahoo! プロモーション広告のサポート専用ページ「公式ランニングポータル」でも、さまざまな業種の運用ポイントを紹介し、各業種にチャンスがあることを示しています。

よって、この業種だからダメ、こういう商材は売れない、ということはありません。そういう場合は、ホームページか、広告か、運営方法か、商品か、いずれかに何か改善点があるのかもしれないと考える必要があります。

全ての業種にチャンスがあるリスティング広告ですが、とりわけ下記のような業種にはメリットがあり、よりリスティング向き、といえるでしょう。

●業務用製品の販売
一般的な商品より需要は少なくても、企業向けに販売する製品を競合他社より魅力的な広告でアピールできれば、サイトへのアクセスにつながりやすい。
●自社製品の販売/問屋・卸売業
コストが小売店よりかからないため、その分を広告費にまわしたり、製品価格を抑えることができ、競合他社に比べ価格的にも目を引く広告が出稿できる。
●地域密着型サービス
「配達」「修理」「掃除」「リフォーム」など、サービス対応エリアが限られている業種は、「サービス名 地域」というキーワードで検索されることが多く、地域名が入ることで費用も比較的安く抑えられる。
●電話帳広告の代用として
以前は電話帳に載せていたが最近は需要が減っている、という場合に。ホームページと直結でき、電話帳よりもはるかに多い情報を安い費用で伝えることができる。
●専門学校・大学の資料請求や体験入学
学校名や職種だけでなく、取得できる資格や将来就ける業種、就職率など、多様なキーワードからの誘導ができる。
  • Google AdWords

PAGE TOP

Copyright © 2017 Creative Net Door Co.Ltd. All rights reserved