リスティング広告 初心者のための運用ガイド集 > リスティング広告の基礎知識 - Google AdWords の特徴

Google AdWords の特徴

リスティング広告の基礎知識

Google AdWords の特徴

Google AdWordsは、Googleの検索結果の他、Googleネットワークと呼ばれるGoogleと提携したさまざまなウェブサイトやブログなどに広告が掲載されます。
また、掲載場所が選択でき、テキスト広告以外にも画像や動画を使った広告が簡単に作れて掲載できるという特長があります。
専門用語が多く馴染むまでに苦労しますが、一度仕組みがわかってしまえば、大いに活用できるサービスです。

Googleの種類

Googleネットワークは、検索ネットワークとディスプレイネットワークの2つに分類されます。このネットワークには規約に準拠すれば個人でも参加できるというのが特徴で、広告の掲載場所はどんどん増えているといえます。

□検索ネットワークとは
Google 検索結果ページのほか、検索パートナー サイト(BIGLOBE など)の検索結果ページ、検索結果の関連ページ、サイト ディレクトリ ページや、その他の Google 検索サイト(Google 画像検索、Google マップ、Google ショッピングなど)のほか、Google AdSenseを導入している個人のホームページやブログなどのことを言います。
□ディスプレイネットワークとは
出稿者側が登録したキーワードのテーマに基づいて広告を表示するGoogle のパートナー サイト(ディスプレイ パートナー)、YouTube、Google 関連サイトのことを言います。

広告掲載場所の種類

掲載場所によって広告は大きく分けて3つの種類にわけられます。

■キーワードターゲット
Googleの検索結果に表示される広告が、キーワードターゲット広告です。
Googleの検索ネットワークで、検索されたキーワードと出稿者側が登録したキーワードがマッチすると表示されます。いわゆる検索連動型広告で、yahoo!リスティング広告のスポンサードサーチと同じ仕組みです。
■コンテンツターゲット
設定したキーワードに基づいて、広告と関連するディスプレイネッ、カメラ機材に関するウェブページや、カメラ愛好家のフォーラム、デジタル写真技術についてのメールやニュースレターなどに広告が掲載されるというものです。
Yahoo!リスティング広告のコンテンツマッチに近いものとなっています。
■プレースメントターゲット
キーワードを設定せず、ディスプレイネットワークの中から掲載したい場所(プレースメント)を個別に選択できるのが、プレースメントターゲットです。例えば、傘を扱うお店が、天気予報や気象に関連する情報のサイトにのみ広告を表示したい、などという場合に、サイトや場所を選ぶことができます。AdWordsにはプレースメントツールというものがあり、キーワードなどから関連するプレースメント候補が表示されるので便利です。

また掲載できる広告にも種類があります。

■テキスト広告
Yahoo! リスティング広告と同じ、見出し、説明文、URLからなる広告です。スポンサードリンクとも呼ばれます。
■イメージ広告
一般的なバナー広告と同じ、画像を使ったサイズ指定の広告のことです。ディスプレイネットワークの、イメージ広告を許可したサイトに掲載されます。ディスプレイ広告とも言われます。
■動画広告
YouTube 上や、Google ディスプレイ ネットワーク内の動画の周囲に表示できる、YouTube 専用の動画広告です。
■リッチメディア広告
flashを使うなどして、音声や動画を使ったり、ユーザからのアクションを受け付けられたりする広告。

AdWordsには、ディスプレイ広告ビルダーがあるので、それを使うと誰でも簡単にイメージ広告、動画広告、リッチメディア広告が作れます。

このようにAdWordsは多様な広告と複雑な設定ができ、いろいろな展開方法でユーザにアプローチすることができます。

  • リスティング広告で失敗したくない!

PAGE TOP

Copyright © 2017 Creative Net Door Co.Ltd. All rights reserved